ダブル発電家

みなさんは、ダブル発電家というのをご存知でしょうか。

ダブル発電というのは、太陽光発電と家庭用燃料電池を組み合わせて使うことを言います。

太陽光発電の仕組みとしては、太陽の光で発電します。

太陽の光がだいじなので、夜間は発電する事が出来ません。

くもりや雪、雨などの太陽が出ていない日も発電しにくくなります。

発電時に二酸化炭素を排出しないので環境にやさしいということ。

発電した電力を蓄電は出来ませんが、電力会社に売る事が出来ます。

これが大まかな太陽光発電のいい所です。

そして、これにくわえて、家庭用燃料電池も組み合わせます。

まず、エネファームやエコウィルといった家庭用燃料電池は、ガスで電気を作るシステムです。

基本的に電気は使いません。

ガスから電気を作り出す方法としては、化学反応を利用したまったく新しい方法で、安全・クリーンに発電出来るのです。

しかも、太陽光発電のように天候にさゆうされません。

夜間でも確実に電気とお湯が作れてしまうのです。

このガスで電気を作る際に出た熱でお湯を作ります。

このお湯も、お風呂に使ったり、床暖房などにも使えるのです。

電気もお湯もつくれるなんてほんとに一石二鳥だと思いませんか。

このようにそれぞれにいいところがあち、お互いの欠点を補っているのがダブル発電のシステムなのです。

このダブル発電を知っているのと知らないのとは大きく違ってくるでしょう。

最近、どこのマンションもオール電化が広まっていますよね。

安全だったり、光熱費をグンと下げれるのがポイントです。しかし、電気の方がエネルギーを作り出す時に遺産か炭素の排出の問題などで地球にはとても悪いのです。

ガスは、光熱費が少しあがってしまいます。

でも、ガスの方が地球にはとても優しいのです。

だから、ガス会社は「このオールがすのシステムを作ったのでしょう。

考え方にも寄りますが、目先の支払い料金をとるのか地球環境を考えるかと、言った所でしょうか。

このダブル発電の仕組みですが、太陽光発電が出来る昼間は太陽光発電の電気を使います。

そひて、夜間は家庭用燃料電池の電気とお湯を使うのです。

これはとても、環境にはいいさいくるですよね。

多少、初期費用はかかると思います。

そんなに、ダレもが手を出せる金額では無いでしょう。

しかし、何のためにエコをするのか。

ここがポイントなのだと思います。

みなさんは、このダブル発電をどう思いますか。

太陽光発電だけでいいでしょう、という方も多いはず。

まずは、知る事から初めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*