クリーンエネルギーの必要性

太陽光発電について色々調べていると

「クリーンエネルギー」

といった言葉が何度も登場します。

ではクリーンエネルギーとはいったいどの様なエネルギーなのか?

現在日本国内で使われている電力は6割が石油や石炭などの化石燃料を使って発電する火力発電です。

この様なエネルギー資源のほとんどが輸入しており、更には二酸化炭素などの温室効果ガスが排出されます。

クリーンエネルギーと呼ばれる地熱発電、水力発電、太陽光発電、バイオマス発電、風力発電はなどは、自然の力を利用した発電方法のため、二酸化炭素の排出がほとんどなく、海外から輸入する必要もありません。

しかしそれらを導入する為には課題も山積みです。

設備の費用が高いと言われており、日照時間や天候などによってエネルギー発生量が大きく左右されます。

火力や原子力発電と比べても発電コストが高くなっているのです。

しかし導入を促進する取り組みも行われています。

太陽光発電の場合、発生した電力で使わずに余った電力を固定の価格で電力会社に売る事も出来ます。

それ以外にも様々な促進運動が行われており、電力会社などに対して風力や太陽光発電、バイオマス発電などから発生する新しいエネルギーから一定以上の利用を義務付け導入拡大を進めています。

脱原発や既に原発や火力発電から撤退した国も既に存在しています。

京都議定書で掲げた2008年から2012年までに先進国全体の温室効果ガスの合計排出量を5%削減すると定めていますよね。

数値で見れば達成していると思いますが、実際の所はあまり変化していない様にも感じます。

世界で一番の太陽電池生産国の日本。

しかし設置数で見るとドイツに大きくリードされています。

作ることが出来てもそれを国民に浸透させる事が出来ないのでは全く意味がありません。

日本では愛知県が群を抜いて設置数が高いのですが、それに加えて補助金も支給しています。

戸建の持ち家の数が愛知県は全国で5位。

持ち家が多いから普及するなんて理由では全国的に普及する事は今後もありえないと思いますが、それを補うだけの魅力があれば必ず普及するはずです。

日本には技術力があるのですから、それを上手にプレゼンできるリーダーが欲しいですね。

人が変われば国も変わるはずです。

人が変わらなければ国も変わりませんし、地球も変わらないはずです。

クリーンエネルギーをもっと知り、太陽光発電の重要性や安全性を色々な人が知れば、きっと日本中がクリーンエネルギーや太陽光発電で溢れます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*